Guide

婚活についての小話

  1. HOME
  2. 小話
  3. 婚活が難しい方について

婚活が難しい方について

婚活が難しいとはどのような状態でしょうか。
当然ではありますが、婚活は自分1人で行うものではなく、お相手あってこその活動です。
ご自身がお相手を選んでも、お相手がご自身を選んでくれなければ、いつまでも婚活が成就することはありません。

そこで問題となる「お相手に選んでもらえない」という状態を考えてみたいと思います。
※あくまで個人的な意見ですので、下記の内容が必ずしも当てはまるものではありません。

お相手に選ばれない理由

理由は様々考えられますが、主なものとして以下に挙げてみます。
・お相手に対して高望みしすぎる
・性格
・容姿(整容)
それでは上記の3つについて考えていきます。

お相手に対して高望みしすぎる

「年収は1000万円以上」「職業は弁護士か会社経営」「モデルのような女性がいい」「スタイルがいい方が希望」など・・・
上記にあげたものは一部ですが、理想が高く望みが多いほど自分自身のハードルが上がっていきます。
ここでいうハードルというのは、ご自身が飛び越えるものではなくお相手が飛び越えるためのハードルですので、
この条件を達成できる人だけが、晴れてお相手候補として選ばれるというものです。

しかし大抵の方は望みが多い方に対して、良いイメージを持ちません。、
「何でも高望みしそうで面倒そう・・・」「結婚相手で考えると遠慮したい」と思われ、最終的には敬遠されることが多いです。
結婚するお相手には「安心感」「一緒にいても飽きない」「趣味が合う」など、当然ですが内面部分を重要視する方が多いので、
わざわざ困難なお相手へ飛び込んでいく方は少ないです。

ただし、高望みする場合でも、出会う可能性は0ではありません。
その場合は最低でもご自身が高いハードルに見合うスペックを、兼ね備えていることが必須条件になります。

性格

結婚するお相手には「内面」を重視する方が多いです。
何十年と夫婦生活を送っていきますから、「怒りっぽい」「だらしない」などの性格に難があると感じられる方は、
できるだけ遠慮したいと考えるのは当然と言えますし、
「おおらかで優しい」というような方を選びたいと思うのが、自然の流れと言えます。

容姿(整容)

これは顔などの見た目というより身だしなみの問題となります。
例えば男性でいうと「爪を切らない」「髪の毛がボサボサ」など、身だしなみが整っていなければ、
清潔感がなく、だらしないように見えてしまいますし、最悪の場合お相手に不快な印象を与えてしまいます。

逆に言えば、どれだけ顔がかっこよくても、爪が伸び放題の状態だとそれだけで最悪な印象になりますし、
顔がかっこよくなくても、清潔感があって、お洒落できちっとした服装(もちろんご自身に似合う服装)だと、
非常に好印象ですし、雰囲気も凛々しくかっこよく見えます。
これは女性にも同様に当てはまることかと思います。

以上が婚活が難しい方についてでした。

ただ、繰り返しになりますが、全ての方に当てはまるものではありませんし、
当てはまったとしても婚活ができないわけではありませんので、
あくまで個人的な意見としてお考えください。

関連小話